超音波、動脈硬化、心電図などの複合器

超音波、動脈硬化、心電図などの複合器

ポータブル ホルタ型 動脈硬化計測

2010年2月2日火曜日

GoogleのAndroid対AppleのiPhone

GoogleのAndroid対AppleのiPhoneについてのいくつかの興味深い議論が今週 興味を引いた。AppleのiPhoneは明確に多くの医療系のアプリをすでに持っている。 しかし、AT&Tに限定されている。一方、Androidは複数のワイヤレスネットワークで多数のデバイスを提供する。しかし、医療系のアプリの数に制限がある。 夏までに、変更する可能性が高いか?秋まで/冬までに? また、iPhoneは、どの位迅速に、他のワイヤレス通信事業者に採用されるかは判らない。Verizonになってしまうだろうか?おそらく,T - MobileとSprintか?それも疑わしい。Androidの方に、多くの医療アプリケーションを見出すだろうか? はい。いつ?すぐではないが、まもなく。今、Androidに十分な医療系のアプリはあるか?これこそ、皆様のニーズに依る。だから、議論がなされるのである。結局、今日すぐに欲しい方は、iPhoneを採用することが良いだろう。 医療系のアプリの広い範囲にアクセスする必要がある場合には、スマートフォンのAndroidをお勧めする。おそらく2〜3年で、新しいスマートフォンに切り替えることが得策と考えられる。 Monday, February 01, 2010 Dr.Joseph Kim from Blog of Medical Smartphones

0 件のコメント:

コメントを投稿