超音波、動脈硬化、心電図などの複合器

超音波、動脈硬化、心電図などの複合器

ポータブル ホルタ型 動脈硬化計測

2013年11月29日金曜日

電子聴診器音の図解化とRR間隔解析

電子聴診器音の図解化とRR間隔解析 2012年4月現在 弊社は、現在下記の性能の製品を研究用としてご提供しております。 電子聴診器 1-1、米国Cardionics社製E-Scope    モデル すべての、外部出力を有する機種 http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/cardionics/ 1-2、米国Cardionics社製ViScope http://www.medicalteknika.jp/recommendedadvancedproducts/%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%94%A8%E8%81%B4%E8%A8%BA%E5%99%A8/viscope/ 2、 画像化とRR間隔解析 2-1、上記1-1、の機種の外部出力端子から専用ケーブルで、       一般パソコン、一般タブレット、専用スマートホンに入力できます       聴診音がリアルタイム連続に表示されます。       あるいは、専用ヘッドホンで、同時に聴診できます。 2-2、上記1-2、の機種の外部出力端子から専用ケーブルで、      提携先Stethograph社のソフトウエアで、一般PCや、PDAで      聴診音を画像化し、解析できます http://plaza.umin.ac.jp/~smupedcs/links/stethograph/ 2-3、上記1-1、機種の外部出力から、ベルキン器具を経由して      Thinkpad社製ソフトウエアを搭載した iPod,iPad,iPhoneへ       リアルタイム連続で表示及び解析をします。 http://plaza.umin.ac.jp/~smupedcs/links/stgdisplay/ http://plaza.umin.ac.jp/~smupedcs/links/mobilestetho/ 2-4、上記1-1、の機種の外部出力から専用ケーブルで、      一般パソコンに入力したデータを、スロベニア国Nevrokard社製      自律神経解析ソフトウエアで分析できます。      特に、RR間隔解析ができます。 http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/kard/ 、 画像化としての専用器     上記1-2、の機種は、聴診する箇所に聴診ダイヤフラムを当てるだけで     そのまま、専用の画面にリアルタイム連続で表示します。     また、そのデータは、パソコンへダウンロードできます。 http://www42.jimdo.com/app/s603d3bfb7eed20c3/pc59185f0566f86c9 Assessment of Myocardial Disease in Man Using Novel Non-invasive Diagnostic Tools This study has been suspended. ( Suspended while we determine if usable data can be collected from this device. ) First Received on July 25, 2007. Last Updated on April 27, 2010 History of Changes Sponsor: Monash University Information provided by: Monash University ClinicalTrials.gov Identifier: NCT00507312 Purpose This study will be testing two devices which are designed to detect cardiovascular disease in patients as early as possible. As there are now many therapies to prevent and treat this condition it is believed that detecting it early will help reduce the burden of the disease and permit more effective treatment. The two devices the investigators are testing are the ViScope developed by HD Medical and a device developed by CSIRO. Both of these devices are simple, non-invasive and may provide useful information on how well the heart contracts and relaxes as well as valve function of the heart. The investigators are planning to enroll 100 healthy subjects, 100 participants with risk factors for heart failure and 300 patients with varying types of heart failure. The data collected from the experimental devices will be compared to the results from standard tests. Patients will not have any of their therapies altered as part of this study.

0 件のコメント:

コメントを投稿