超音波、動脈硬化、心電図などの複合器

超音波、動脈硬化、心電図などの複合器

ポータブル ホルタ型 動脈硬化計測

2010年5月28日金曜日

携帯電話はドラスティックにかわろうとしている

無線医療技術は、 沸騰の段階に到達し始めている。、それは患者のケアを提供する方法の変換
が数年以内に実現することを意味する。マッキンゼー&カンパニー推定によると、モバイルヘルス
ケアの米国市場は約2兆円であり、世界市場は5兆円から6兆円と思われる。もう1つの調査会
社、パークスアソシエーツは、ワイヤレスホーム医療技術の米国売上高は2009年300億円、
2013年4000億円に成長すると推定している。モバイルヘルスケア、在宅患者監視、救急車の遠
隔携帯電話、植込み型センサに至る。しかし、デバイス技術は、-健康なすべての人々の健康を改
善するために医療従事者と一般人や患者とのコミュニケーションのチャンネルを開放する。

医療革新が大きく動き出した。 2009年5月、億万長者のゲイリーウェスト夫妻は、最初の独立非営利研究機関として、医療のワイヤレスモバイル技術所を45億円で設立した。 カリフォルニア州ラジョーラで、ウェストワイヤレス保健研究所は、医療費を削減する為、 医療を変革するのに、ワイヤレス技術を用いて、認証、創造、検証、商業化することを発表した。ウェストワイヤレスは、議会のロビーの組織ではないが、ワイヤレス技術への投資を促進させ、市場に製品を迅速に出せる政策を提案します。研究所は、すでにその使命を遂行するのに、科学者やビジネス専門家のスタッフを募り、基本的アドバイス、調査サービスを提供し、開発と新製品の市場化等を推進する。 "これは驚くべき機会です"と、医療と科学の主技官ジョセフスミスは述べた。 スミス氏によると、医療は、医師、患者を含む家族のメンバーが、チームスポーツ以上のものとなってきた。そして、そのケアの協調が受け入れられるようになる。 連携医療が医療提供を変える スティーブブラウンは、健康ヒーローネットワークの創設者であり、 現ボッシュヘルスケアの一部であるが、在宅監視装置 健康バディ® の生みの親でもあるが、連携医療と称される アイデアを提唱する。 連携医療は、従来の遠隔医療の考え方に比し、格段に大きいアイデアである。 つまり、遠隔医療で最も必要とした医療について交信を可能とする。とブログで述べている。 "連携医療とは、デバイス、センサー、ガジェットを指していない。それは、人々が互いに
交信することで、医療に多大な影響を与える。 医療協調するのに、携帯電話や無線の技術がどれほど重要か?
退役軍人省'VA(の、アダムダーキンス医師は、ケアコーディネイターで、遠隔医療のチーフコンサルタントのタイトルを有するが、 "これは、ケアのルーチンの一部だ"と、インタビューで、昨年と述べた。 在宅遠隔医療は、これまでの急成長分野で、2003年に3000人の患者から、 2009年
には、40,000人に拡大した。これは、2011年には、75,000人と予想される。
遠隔医療サービスは、在宅遠隔医療、臨床ビデオ会議、および在庫及び配達遠隔が含まれます。 この地域は、主に電話相談であり、いくつかの固定位置の監視装置から構成される。
しかし、経営者は、無線のモニタで携帯電話とインターネット接続を介して測定値を自動的に提供する可搬性ある機種を求めている。 医師は、現在、ペースメーカーで検診に来る患者のみについての情報を取得しているだけである。
新しいデバイスは、携帯電話にも家庭のワイヤレスネットワークに異常を知らせます。
しかも医療を受給する着用者にも、警告測定値を送信します。これは、"ほぼオンボード集中治療室だ"とスミス氏は言う。 "あなたが慢性疾患がある場合、あなたが好むモデルは、一時的ケアだけでなく、1貫した
ケアが受けられることと思う"とスミス氏は言う。彼は、心臓電気生理学を専門とし、最近まで
ジョンソン&ジョンソンの最新医療技術担当副社長であった。
"我々は糖尿病ケアを達成できるところにいる。我々は、継続的に患者さんの状態を監視することによって生活や費用を節約することができる。" "我々は医学の多くの神秘性から開放されようとし、消費者の手の中に医療を入れようと
している"と、スミス氏は言う。
開業医の収入は、影響を受けるか? まだほとんどの保険会社はこのようなデバイスのための保険適用をしていないが、
スミス氏は医療制度が、急激でなく、徐々に変化してゆくことを期待している。
"我々は明らかにこれを加速する方向を見ています"と、彼は言う。ウェストワイヤレスは
ロビー活動組織ではないが、研究所はいくつかの証拠を、ワイヤレス患者ニタリングの経費を節約し、成果を向上させる根拠をしめしてゆくことになるだろうという。 改善は既に進行中である。
携帯電話が医療に可搬性を与えた
一部の医師は療費支払方法の変革が起こることを期待してはいないが、スマートホンの登場
で特別加速されていることを感じている。そのスマートホンが、ーソナルデジタルアシスタント、帯電話、そして、インターネット機器の機能を連携すると思われる。
パーソナルデジタルアシスタントは、1990年代から登場してきたが、アップル®の
iPhone ®が、実際は、2007年に広くアクセス、使用可能なアプリケーションの開発で端緒を
開いた。
エムヘルスイニシアティブ社は、ボストンの地の研究グループであるが、10万台のiPhone ®
の内2000台の割合でそのアプリケーションが、Apple ® App Storeで利用可能な医療に
関連であると昨年推定した。
BlackBerry ®、Windows ®のモバイル、パームOS ®、およびGoogle™のAndroid™を含む他のスマートフォンプラットフォームでは、別に3000の医療アプリケーションがあると推定している。
産業界出版誌MobiHealthNewsによれば、5800の保健と医療のアプリケーションがあり、
その約30%が、特に医療従事者のために開発されていると報告している。 アンドリューババシュ医師は、聖十字架病院シルバースプリング、メリーランド州で、
神経科学とストロークプログラムを専攻しているが、次のように述べている。
"どこで何を行うか、また、どのように、それを成し遂げる
かなどに制限はありません。携帯電話は、万能の道具になります。" "我々はそれが信じられないほど簡単に人々がお互いに接続できるようにすることができます"Barbashは言う。モバイル技術は、ビジネスや対人コミュニケーションのため行っている ことが、医療についても同じことができると。

0 件のコメント:

コメントを投稿